トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便
家庭菜園

果莱類の追肥のポイント

 5月に畑に植え付けたキュウリ、トマト、ナスなどの果菜類は、気温の上昇とともにぐんぐん育ち、果実のふくらみも早まってきました。育ちが盛んになるにつれて、根からの肥料の吸収も多くなり、元肥に与えた肥料分だけでは足りなくなるので、追肥により、不足分を補ってやる必要があります。

追肥のポイント
1.適期を逸しないこと。
2.肥料の種類を選び、適量を守ること。
3.吸収しやすい位置に順次施すこと。などが挙げられます。

 キュウリ、ナス、ピーマンなどは実どまりがよいので、植え付け半月後に第1回を、その後15〜20日に1回の割で、計3〜4回与えます。トマト、スイカ、カボチャなどは早く与えすぎると草勢が強くなりすぎ、実どまりしにくくなる懸念がありますので、着果し果実がゴルフボール大以上に肥大するのを見届けてから、与えるようにすることが肝心です。
 肥料の種類は、化成肥料と油かす、または有機配合肥料などが適し、量は1株当たり、各大さじ1〜2杯ぐらいを目安に、葉色や生長速度により、手加減して与えます。2〜3回目になると生育盛りとなり、収穫も増えてくるので、2〜3杯ぐらいに増量していきます。
 施す位置は、根の先端付近が肥料を一番吸収しやすいので、第1回は株の周囲に、株元から15〜20p離して円状とし、2回以降は列に沿ってくわで軽く溝をつくって与え、必ず土を覆っておきます。トマト、スイカなどは根が張ってから第1回を施すので、はじめから溝状に与えるのが合理的です。


6月の園芸

 春から花を咲かせてきたチューリップなど秋植えの球根草花は、種を付けないように花びらが乱れかけたら花を摘み取っておき、葉が黄色に枯れ始めたら、球根を掘り上げましょう。梅雨になる前に、天気のよい日を選んで掘り上げ、日陰干しで乾かし、網袋など蒸れない容器にいれて、風通しのよい所で保管します。土や根は取り除き、虫食いや病気のない球根を残します。
 次いで、サルビアなどを植え付ける夏花壇の準備に入りましょう。春咲きの草花の枯れ葉など前作の残がいをきれいに片づけ、地ごしらえをします。地ごしらえは、いつものように、1u当たり100gの消石灰で土質を矯正し、腐葉土など有機物をバケツ1〜2杯、それに緩効性肥料150〜200gを施し、土とよく混ぜておきます。
 夏の花としては、サルビア、マリーゴールド、ケイトウ、カンナ、コスモスといったものが代表的ですが、花は咲かないものの、シソの仲間で葉色が各種あるコリウスや、甘い香りのある、普通クサキョウチクトウとかオイランソウなどと呼ぶ宿根フロックスのようなものもありますので、組み合わせて、花壇を飾ってはどうでしょう。
 宿根草のハナショウブやジャーマンアイリスは花が終わったら、株分けをします。葉は半分くらいに切り戻します。ハナショウブは、株(葉)の切り戻しは毎年やりますが、株分け・植え替えは3〜4年おきでよいでしよう。






1月 2月 3月
→シュンギクの摘み取り栽培のこつ →イチゴ年明け後のイチゴの管理 →ジャガイモバレイショの植付けと管理
→種子使い残った種子の上手な貯蔵法 →野菜今年の菜園に魅力野菜を!! →春植え果菜類の元肥のやり方
→サヤエンドウサヤエンドウこれからの管理 →タマネギこれからのタマネギ管理 →ジャムにして逸品のルバーブづくり
→早春に種まきできるトンネル栽培 →根株を軟化してミョウガダケに →早春に種まきできるトンネル栽培
→ジャガイモジャガイモの植えつけ →ネギ春まきのネギ苗づくり →自分でできる果菜類の苗づくり
→イチゴ冬の間のイチゴの管理 →小物野菜のトンネル栽培 →ハクサイ超小型で育てやすいハクサイ登場
→堆肥づくりのシーズン →春どりコカブのトンネル栽培 →茎が長く伸びる新顔のシュンギク
→菜園の計は元旦にあり →サヤエンドウサヤエンドウの冬期の管理

4月 5月 6月
→果菜類トンネル栽培の上手な管理 →ショウガ夏に涼味を!筆ショウガ作り →スイカスイカの実どまりを良くするには
→インゲンマメ手軽に作れて重宝するインゲンマメ →モロヘイヤ栄養価の優等生!!モロヘイヤを作ろう。 →オクラ花も実(莢果(きょうか))も人気のあるオクラ
→野菜春まき野菜の種まき →果菜類は接ぎ木苗で連作障害を防ぐ →タマネギタマネギの収穫
→モロヘイヤ健康野菜モロヘイヤ栽培に挑戦 →タマネギタマネギの収穫 →夏の強光・虫よけに効く、べたがけ資材
→ジャガイモジャガイモ萌芽後の上手な管理 →手軽で有効なキャップ利用のすすめ →果莱類の追肥のポイント
→キュウリ手軽にできるキュウリの低支柱栽培 →エダマメ、トウモロコシはセル苗で →人気の中国野菜チンゲンサイ
→連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに →インゲンマメ長く収穫が楽しめるインゲンマメ →暑さに強く育てやすいカイラン
→ショウガ夏に涼味を ショウガづくり →実入りの良いトウモロコシ作り →ナス色つやの良いナスを取り続ける

7月 8月 9月
→ニンジンニンジンの種播きは適期を守り、覆土は薄めに →ナスおいしい秋ナス取りのための若返り法 →ホウレンソウホウレンソウの上手な育て方
→キュウリこれから間に合う地這いキュウリづくり →サラダに美味、新顔野菜のトレビス →タマネギタマネギの苗づくりのポイント
→サトイモサトイモの追肥と土寄せ →長い間収穫が楽しめるメキャベツ →ダイコンダイコン作りのポイント
→ハクサイハクサイの種まき・苗づくり →ダイコンダイコンの肥料の上手な与え方 →タマネギタマネギ苗の準備と上手な植え方
→茎が球形に肥大するコールラビー →プランター野菜〜夏の水やりのコツ →フキの植え付けと管理
→ニンジンニンジンの種まき、上手に発芽を →玉レタスのまきどきと苗づくり →人気が高く育て方も楽な水菜
→ネギ根深ネギの上手な植え方 →ハクサイ球根ハクサイ作りのポイント →タマネギタマネギの苗作り 種まきのコツ
→ブロッコリー新鮮な味が長く楽しめるブロッコリー →彩り豊かなミックスレタスを楽しむ →フキの植えつけと上手な管理

10月 11月 12月
→ソラマメソラマメの種まきと栽培管理 →サトイモサトイモの収穫と蓄え方 →多回刈り取り収穫できるワケギ
→連作にも耐える強健野菜コマツナ →ネギ白ネギ(根深ネギ)の土寄せ →アスパラガスアスパラガスの冬の手入れ
→作るのが簡単、重宝なナバナ →ブロッコリーブロッコリーは、わき芽の蕾も有効利用 →野菜種類選びのポイント
→冬どり軟弱野菜の防寒対策 →タマネギタマネギ苗の植え付けと肥料の与え方 →冬の間に地力を高めるたい肥づくりを
→トンネル栽培で冬どり葉菜類を →身近で育てる冬のプランター野莱 →アスパラガスアスパラガスの植え付けと管理
→手軽に作れて重宝するルッコラ →タマネギタマネギの植えつけと上手な施肥 →収穫した後の野菜の茎葉の処理
→ソラマメソラマメの種まき →ネギ根深ネギの土寄せ軟白のポイント →スィートキャロット
→冬の青菜の主役・小松菜   →ハクサイ結球したハクサイの防寒対策

 

お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140
中 大
ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ