トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便
家庭菜園

収穫した後の野菜の茎葉の処理

 野菜を収穫した後には多くの茎葉が畑に残りますが、その処理の仕方について考えてみましょう。
 野菜は茎葉が柔弱で病害虫に侵されやすいのですが、その病害虫には、土壌中に長い間生存して、次に栽培したときに被害を及ぼすものがたくさんあります。ことにナス科の青枯病やウリ科のつるわれ病、アブラナ科の萎黄病、各種野菜のウィルス病などは土に埋まった被害茎葉や土壌から伝染するやっかいな病害です。
 また、各種のセンチュウ(ネマトーダ)類も多くの野菜の根に寄生して土壌中に残り、根コブや根腐れ症状を起こさせます。
 ところが、これらの病害虫に侵されやすい野菜は家庭菜園に向いているので、どうしても栽培頻度が高くなりがちですから、その処理の仕方に十分留意することが大切です。
 一番大切なのは畑に残渣(ざんさ)をすき込まないことです。少量で乾きやすいものは焼却するのが一番です。大量で燃やすことができない場合には、稲わらや落葉など他の材料と合わせて、米ぬか、油粕などを加えてたい積し、高温で発酵させ、完熟たい肥にして使うようにしましょう。
 前述の野菜に比べてイネ科やマメ科の野菜やサツマイモなどは共通の病害虫が少なく、むしろ他科作物として土壌微生物を多様化し生育に良い影響を与えます。できるだけ家庭菜園の輪作に組み入れて作付けし、茎葉や根を畑に入れるようにしましょう。サツマイモや落花生、トウモロコシなどは一緒にたい積しておくとより艮いたい肥になります。


12月の園芸

 夏にまいて育苗してきたハボタンは、かなり色づいてきたことでしょう。色づいてきたら、「花壇に植えてください」という合図です。南面の日当たりの良い、暖かいところに植えますが、東京系ともいわれる丸葉系統のものやサンゴ系といわれるものは寒さに強い系統ですから、植え場所にあまり気を遣わなくてもよいでしょう。いろいろな葉色のものを育苗した人は、株の配置を楽しんでください。
 フクジュソウは正月の風物のような印象が強いのですが、露地植えでは、まだ枯れ草色の多い2月中〜下旬ごろから鮮やかな黄金色の花を見せてくれます。露地植えだと、鉢植え・促成のものより、はるかに長期間の開花が楽しめます。
 日当たりが良い場所をやや深めに耕し、腐葉土など有機質や少々の化成肥料を施して地ごしらえをしておき、12月初旬に植え付けます。根株は、根と芽が乾燥していないものを選ぶことが大切です。暑さに弱いので、植え付け場所は夏に日陰になる落葉樹の樹冠の端下が良いのですが、良い条件の場所がなければ夏に暑さ対策を考えることにしましょう。
 秋に水栽培を始めたヒヤシンスなどの球根は、白い根がきれいに伸び、底に達するくらいになってきます。0℃近くの厳寒に40日以上当てるため、このくらいの気温の時期が近づいたら、軒下など屋外の寒さの中で育てます。
 暖かい地方では、今月でもチューリップなど秋植えの球根を植え付けることが可能です。地ごしらえなどは通常通りですが、少し浅植えにするのと、植え付け後には、必ずビニールフィルムなどでマルチをして地温を上げ、根の伸長を助けてやります。  






1月 2月 3月
→シュンギクの摘み取り栽培のこつ →イチゴ年明け後のイチゴの管理 →ジャガイモバレイショの植付けと管理
→種子使い残った種子の上手な貯蔵法 →野菜今年の菜園に魅力野菜を!! →春植え果菜類の元肥のやり方
→サヤエンドウサヤエンドウこれからの管理 →タマネギこれからのタマネギ管理 →ジャムにして逸品のルバーブづくり
→早春に種まきできるトンネル栽培 →根株を軟化してミョウガダケに →早春に種まきできるトンネル栽培
→ジャガイモジャガイモの植えつけ →ネギ春まきのネギ苗づくり →自分でできる果菜類の苗づくり
→イチゴ冬の間のイチゴの管理 →小物野菜のトンネル栽培 →ハクサイ超小型で育てやすいハクサイ登場
→堆肥づくりのシーズン →春どりコカブのトンネル栽培 →茎が長く伸びる新顔のシュンギク
→菜園の計は元旦にあり →サヤエンドウサヤエンドウの冬期の管理

4月 5月 6月
→果菜類トンネル栽培の上手な管理 →ショウガ夏に涼味を!筆ショウガ作り →スイカスイカの実どまりを良くするには
→インゲンマメ手軽に作れて重宝するインゲンマメ →モロヘイヤ栄養価の優等生!!モロヘイヤを作ろう。 →オクラ花も実(莢果(きょうか))も人気のあるオクラ
→野菜春まき野菜の種まき →果菜類は接ぎ木苗で連作障害を防ぐ →タマネギタマネギの収穫
→モロヘイヤ健康野菜モロヘイヤ栽培に挑戦 →タマネギタマネギの収穫 →夏の強光・虫よけに効く、べたがけ資材
→ジャガイモジャガイモ萌芽後の上手な管理 →手軽で有効なキャップ利用のすすめ →果莱類の追肥のポイント
→キュウリ手軽にできるキュウリの低支柱栽培 →エダマメ、トウモロコシはセル苗で →人気の中国野菜チンゲンサイ
→連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに →インゲンマメ長く収穫が楽しめるインゲンマメ →暑さに強く育てやすいカイラン
→ショウガ夏に涼味を ショウガづくり →実入りの良いトウモロコシ作り →ナス色つやの良いナスを取り続ける

7月 8月 9月
→ニンジンニンジンの種播きは適期を守り、覆土は薄めに →ナスおいしい秋ナス取りのための若返り法 →ホウレンソウホウレンソウの上手な育て方
→キュウリこれから間に合う地這いキュウリづくり →サラダに美味、新顔野菜のトレビス →タマネギタマネギの苗づくりのポイント
→サトイモサトイモの追肥と土寄せ →長い間収穫が楽しめるメキャベツ →ダイコンダイコン作りのポイント
→ハクサイハクサイの種まき・苗づくり →ダイコンダイコンの肥料の上手な与え方 →タマネギタマネギ苗の準備と上手な植え方
→茎が球形に肥大するコールラビー →プランター野菜〜夏の水やりのコツ →フキの植え付けと管理
→ニンジンニンジンの種まき、上手に発芽を →玉レタスのまきどきと苗づくり →人気が高く育て方も楽な水菜
→ネギ根深ネギの上手な植え方 →ハクサイ球根ハクサイ作りのポイント →タマネギタマネギの苗作り 種まきのコツ
→ブロッコリー新鮮な味が長く楽しめるブロッコリー →彩り豊かなミックスレタスを楽しむ →フキの植えつけと上手な管理

10月 11月 12月
→ソラマメソラマメの種まきと栽培管理 →サトイモサトイモの収穫と蓄え方 →多回刈り取り収穫できるワケギ
→連作にも耐える強健野菜コマツナ →ネギ白ネギ(根深ネギ)の土寄せ →アスパラガスアスパラガスの冬の手入れ
→作るのが簡単、重宝なナバナ →ブロッコリーブロッコリーは、わき芽の蕾も有効利用 →野菜種類選びのポイント
→冬どり軟弱野菜の防寒対策 →タマネギタマネギ苗の植え付けと肥料の与え方 →冬の間に地力を高めるたい肥づくりを
→トンネル栽培で冬どり葉菜類を →身近で育てる冬のプランター野莱 →アスパラガスアスパラガスの植え付けと管理
→手軽に作れて重宝するルッコラ →タマネギタマネギの植えつけと上手な施肥 →収穫した後の野菜の茎葉の処理
→ソラマメソラマメの種まき →ネギ根深ネギの土寄せ軟白のポイント →スィートキャロット
→冬の青菜の主役・小松菜   →ハクサイ結球したハクサイの防寒対策

 

お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140
中 大
ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ