トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便
家庭菜園

冬の青菜の主役・小松菜

 小松菜は在来のカブから分化した古い歴史を持つツケナの代表種です。小松菜という名は、江戸時代に現・東京都江戸川区の小松川周辺の特産であったことから呼ばれるようになったと伝えられています。
 市場に多く出回っているのは葉身が円形で緑の濃い丸葉系ですが、クキタチナ、大崎菜、武州寒菜、女池菜など、類似の在来品種は全国各地にあります。
 寒さ・暑さによく耐え、強健で育てやすく、連作障害も出にくく、作りやすい野菜です。カルシウムやビタミン類、鉄分などを多く含み、栄養価が高く、まさに冬の青菜の主役といってよいでしょう。
 正月に使うには、関東南部以西なら50〜60日の生育期間を見て、10月末〜11月初旬ごろに播種(はしゅ)すればよいでしょう。寒い地域では、ビニールトンネルやべた掛け資材を被覆して保温した方が品質の良いものが得られます。べた掛けは防虫効果も得られ、無農薬栽培も可能で、家庭菜園には特におすすめです。
 畑はあらかじめ石灰をまいて耕しておき、播種前に堆肥(たいひ)、油かす、化成肥料を元肥として全面に散布し、15cmぐらいの深さに耕し込んでおきます。
 通常、くわ幅のまき溝を作って条まきにしますが、狭い畑を有効に使うにはベットを設けて細かい条まきにし、1cm厚さに覆土します。
 図のように発芽したら間引き、降雨のあとは中耕して土を柔らかくしておきます。生育半ばに1回、少量の追肥をする程度と管理は至って楽で、入門野菜としてもおすすめです。
  


サフランを毎年咲かす

 秋まき草花は、地温15〜20度がまきどきです。10月は多くの地域で、この条件に合う気候になるでしょう。
 9月にまいた草花は、かなり大きくなり、込み合ってきているでしょうから、10月初めには一度植え広げて仮植えをしておき、下旬に花壇に定植します。宿根草の草花の芽挿し、株分け、植え替えも、同じころには終えましょう。
 10月後半は、秋植え球根の植えつけ適期になります。温帯地方が原産の植物なので、秋の涼しさ、冬の寒さに遭遇して、春の暖かさで花開く性質があります。冬の間は、茎や葉は大きくなる必要はなく、球根が寒さに当たればいいのですが、球根が冬の寒さに耐えるためには、十分な水分を必要とします。そのため、厳しい寒さが来る前に、根をよく伸ばしておく必要があります。
 秋植え球根の中に、クロッカスの仲間のサフランがあります。約1ヶ月で咲くという早業の草花です。皿のような平たい容器にミズゴケを敷いて育ててもよし、花壇に植えても、また鉢やプランターで育ててもいいのですが、この時期の急場しのぎ的に、風景を飾るのに便利な草花です。
 ところが、この植物は植えた年は見事に花が咲くのですが、次の年は咲かないことが多くあります。花後の初夏までにできる新球が小さいと咲かないので、花壇では植える前の花壇の地ごしらえで、十分に肥料を入れて、大きな新球を育てるようにします。花が終わったらすぐに肥料を十分に施して、地ごしらえをした花壇に植え直しておきましょう。  






1月 2月 3月
→シュンギクの摘み取り栽培のこつ →イチゴ年明け後のイチゴの管理 →ジャガイモバレイショの植付けと管理
→種子使い残った種子の上手な貯蔵法 →野菜今年の菜園に魅力野菜を!! →春植え果菜類の元肥のやり方
→サヤエンドウサヤエンドウこれからの管理 →タマネギこれからのタマネギ管理 →ジャムにして逸品のルバーブづくり
→早春に種まきできるトンネル栽培 →根株を軟化してミョウガダケに →早春に種まきできるトンネル栽培
→ジャガイモジャガイモの植えつけ →ネギ春まきのネギ苗づくり →自分でできる果菜類の苗づくり
→イチゴ冬の間のイチゴの管理 →小物野菜のトンネル栽培 →ハクサイ超小型で育てやすいハクサイ登場
→堆肥づくりのシーズン →春どりコカブのトンネル栽培 →茎が長く伸びる新顔のシュンギク
→菜園の計は元旦にあり →サヤエンドウサヤエンドウの冬期の管理

4月 5月 6月
→果菜類トンネル栽培の上手な管理 →ショウガ夏に涼味を!筆ショウガ作り →スイカスイカの実どまりを良くするには
→インゲンマメ手軽に作れて重宝するインゲンマメ →モロヘイヤ栄養価の優等生!!モロヘイヤを作ろう。 →オクラ花も実(莢果(きょうか))も人気のあるオクラ
→野菜春まき野菜の種まき →果菜類は接ぎ木苗で連作障害を防ぐ →タマネギタマネギの収穫
→モロヘイヤ健康野菜モロヘイヤ栽培に挑戦 →タマネギタマネギの収穫 →夏の強光・虫よけに効く、べたがけ資材
→ジャガイモジャガイモ萌芽後の上手な管理 →手軽で有効なキャップ利用のすすめ →果莱類の追肥のポイント
→キュウリ手軽にできるキュウリの低支柱栽培 →エダマメ、トウモロコシはセル苗で →人気の中国野菜チンゲンサイ
→連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに →インゲンマメ長く収穫が楽しめるインゲンマメ →暑さに強く育てやすいカイラン
→ショウガ夏に涼味を ショウガづくり →実入りの良いトウモロコシ作り →ナス色つやの良いナスを取り続ける

7月 8月 9月
→ニンジンニンジンの種播きは適期を守り、覆土は薄めに →ナスおいしい秋ナス取りのための若返り法 →ホウレンソウホウレンソウの上手な育て方
→キュウリこれから間に合う地這いキュウリづくり →サラダに美味、新顔野菜のトレビス →タマネギタマネギの苗づくりのポイント
→サトイモサトイモの追肥と土寄せ →長い間収穫が楽しめるメキャベツ →ダイコンダイコン作りのポイント
→ハクサイハクサイの種まき・苗づくり →ダイコンダイコンの肥料の上手な与え方 →タマネギタマネギ苗の準備と上手な植え方
→茎が球形に肥大するコールラビー →プランター野菜〜夏の水やりのコツ →フキの植え付けと管理
→ニンジンニンジンの種まき、上手に発芽を →玉レタスのまきどきと苗づくり →人気が高く育て方も楽な水菜
→ネギ根深ネギの上手な植え方 →ハクサイ球根ハクサイ作りのポイント →タマネギタマネギの苗作り 種まきのコツ
→ブロッコリー新鮮な味が長く楽しめるブロッコリー →彩り豊かなミックスレタスを楽しむ →フキの植えつけと上手な管理

10月 11月 12月
→ソラマメソラマメの種まきと栽培管理 →サトイモサトイモの収穫と蓄え方 →多回刈り取り収穫できるワケギ
→連作にも耐える強健野菜コマツナ →ネギ白ネギ(根深ネギ)の土寄せ →アスパラガスアスパラガスの冬の手入れ
→作るのが簡単、重宝なナバナ →ブロッコリーブロッコリーは、わき芽の蕾も有効利用 →野菜種類選びのポイント
→冬どり軟弱野菜の防寒対策 →タマネギタマネギ苗の植え付けと肥料の与え方 →冬の間に地力を高めるたい肥づくりを
→トンネル栽培で冬どり葉菜類を →身近で育てる冬のプランター野莱 →アスパラガスアスパラガスの植え付けと管理
→手軽に作れて重宝するルッコラ →タマネギタマネギの植えつけと上手な施肥 →収穫した後の野菜の茎葉の処理
→ソラマメソラマメの種まき →ネギ根深ネギの土寄せ軟白のポイント →スィートキャロット
→冬の青菜の主役・小松菜   →ハクサイ結球したハクサイの防寒対策

 

お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140
中 大
ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ