トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便
家庭菜園

長く収穫が楽しめるインゲンマメ

 比較的簡単に育てられ、工夫すれば長い間収穫を楽しめるのがインゲンマメ。自家菜園で取れた新鮮な味は格別です。
 インゲンマメにはつるなし(わい性)種と、つるあり(つる性)種があり、それぞれ特性が大きく違います。
 つるなし種は生育期間が短く、早生種なら種まきからわずか50〜60日で収穫できます。5月から7月上旬ごろまで逐次種まきして連続的に収穫します。その代わり一作の収穫期間は20〜25日ぐらいと短く、株当たりの収量もそう多くは望めません。代表的な品種としては「マスターピース」「江戸川」「アーロン」「セリーナ」「さつきみどり」などがあります。丈は30p前後にしか伸びないので、畝間60p、株間25pぐらいに1カ所3〜4粒まきとし、本葉2枚のころに間引いて2本立てとします。支柱は不要です。
 つるあり種は、つるの長さが2m以上にも伸びます。長い間収穫できてつるなし種より味も良いため、畑にゆとりのある場合はこちらがおすすめです。代表的な品種は「ケンタッキーワンダー」「尺五寸」「舞姿」「オレゴン」などです。5〜6月に種まきして1ヶ月ぐらいで収穫に入り、30日以上収穫し続けられます。大きく育つので、畝間90〜100p、株間35pぐらいに粗植し、つるなし種と同じく3〜4粒まきして、間引いて2本を伸ばします。
 つるの伸びが早く、すぐに巻きつきますから、早めに1.8m以上の長い支柱を、図のように低い位置で交差させて立てます。こうするとつる先まで手が届きやすく、収穫が楽にできます。
つるが長く伸びるので、トマトやキュウリよりも支柱を低い位置で交差させ、傾斜を緩くして、先の方まで手が届きやすくする。


アサガオ

 アサガオの種まき時期になります。アサガオは今から1200年くらい前に日本に渡来したといわれ、特に江戸期以降、花や花木の改良に独特の才能を持つ日本人が熱心に育種し、世界に冠たる品種を作り出しました。
 夏の花の定番ともいえるアサガオは、実は短日性の草花です。意外な感じもしますが、日の長さが15時間くらいの夏至(6月21日)を過ぎないと花は咲きません。早くまいても植物体が成長するだけですから、5月中旬ごろになってからまくとよいでしよう。
 種子は、まく前日から水に浸して、水をよく吸わせておきます。3p間隔で、深さ1pぐらいにまきます。種まき後2〜3日で発芽するので、双葉のうちに6p間隔ほどに植え広げます。
 このとき、葉が丸みがかったものを残します。大きな花になる可能性が高いものです。双葉が細くとがったものは、花が小さい可能性があります。本葉1〜2枚で花壇や鉢など定植場所に植えつけましょう。鉢植えでは行灯(あんどん)作りが一般的です。3本支柱に3段ほどのリングをつけたものを用意し、1段ずつつるをめぐらせます。最上段に達したら、つるは止めます。
 短日にならないと花芽がつかない性質を逆手に取ると、次のようなことが可能です。遅い時期になってからまけば、植物体が大きくならないうちに花を咲かせることができます。8月の終わりから9月にまくと、気温が下がっていく時期でもあることから、本葉3枚くらいで花芽がつき始めます。花壇にいろいろな種類をまいてやれば、アサガオのじゅうたんを楽しめるでしょう。






1月 2月 3月
→シュンギクの摘み取り栽培のこつ →イチゴ年明け後のイチゴの管理 →ジャガイモバレイショの植付けと管理
→種子使い残った種子の上手な貯蔵法 →野菜今年の菜園に魅力野菜を!! →春植え果菜類の元肥のやり方
→サヤエンドウサヤエンドウこれからの管理 →タマネギこれからのタマネギ管理 →ジャムにして逸品のルバーブづくり
→早春に種まきできるトンネル栽培 →根株を軟化してミョウガダケに →早春に種まきできるトンネル栽培
→ジャガイモジャガイモの植えつけ →ネギ春まきのネギ苗づくり →自分でできる果菜類の苗づくり
→イチゴ冬の間のイチゴの管理 →小物野菜のトンネル栽培 →ハクサイ超小型で育てやすいハクサイ登場
→堆肥づくりのシーズン →春どりコカブのトンネル栽培 →茎が長く伸びる新顔のシュンギク
→菜園の計は元旦にあり →サヤエンドウサヤエンドウの冬期の管理

4月 5月 6月
→果菜類トンネル栽培の上手な管理 →ショウガ夏に涼味を!筆ショウガ作り →スイカスイカの実どまりを良くするには
→インゲンマメ手軽に作れて重宝するインゲンマメ →モロヘイヤ栄養価の優等生!!モロヘイヤを作ろう。 →オクラ花も実(莢果(きょうか))も人気のあるオクラ
→野菜春まき野菜の種まき →果菜類は接ぎ木苗で連作障害を防ぐ →タマネギタマネギの収穫
→モロヘイヤ健康野菜モロヘイヤ栽培に挑戦 →タマネギタマネギの収穫 →夏の強光・虫よけに効く、べたがけ資材
→ジャガイモジャガイモ萌芽後の上手な管理 →手軽で有効なキャップ利用のすすめ →果莱類の追肥のポイント
→キュウリ手軽にできるキュウリの低支柱栽培 →エダマメ、トウモロコシはセル苗で →人気の中国野菜チンゲンサイ
→連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに →インゲンマメ長く収穫が楽しめるインゲンマメ →暑さに強く育てやすいカイラン
→ショウガ夏に涼味を ショウガづくり →実入りの良いトウモロコシ作り →ナス色つやの良いナスを取り続ける

7月 8月 9月
→ニンジンニンジンの種播きは適期を守り、覆土は薄めに →ナスおいしい秋ナス取りのための若返り法 →ホウレンソウホウレンソウの上手な育て方
→キュウリこれから間に合う地這いキュウリづくり →サラダに美味、新顔野菜のトレビス →タマネギタマネギの苗づくりのポイント
→サトイモサトイモの追肥と土寄せ →長い間収穫が楽しめるメキャベツ →ダイコンダイコン作りのポイント
→ハクサイハクサイの種まき・苗づくり →ダイコンダイコンの肥料の上手な与え方 →タマネギタマネギ苗の準備と上手な植え方
→茎が球形に肥大するコールラビー →プランター野菜〜夏の水やりのコツ →フキの植え付けと管理
→ニンジンニンジンの種まき、上手に発芽を →玉レタスのまきどきと苗づくり →人気が高く育て方も楽な水菜
→ネギ根深ネギの上手な植え方 →ハクサイ球根ハクサイ作りのポイント →タマネギタマネギの苗作り 種まきのコツ
→ブロッコリー新鮮な味が長く楽しめるブロッコリー →彩り豊かなミックスレタスを楽しむ →フキの植えつけと上手な管理

10月 11月 12月
→ソラマメソラマメの種まきと栽培管理 →サトイモサトイモの収穫と蓄え方 →多回刈り取り収穫できるワケギ
→連作にも耐える強健野菜コマツナ →ネギ白ネギ(根深ネギ)の土寄せ →アスパラガスアスパラガスの冬の手入れ
→作るのが簡単、重宝なナバナ →ブロッコリーブロッコリーは、わき芽の蕾も有効利用 →野菜種類選びのポイント
→冬どり軟弱野菜の防寒対策 →タマネギタマネギ苗の植え付けと肥料の与え方 →冬の間に地力を高めるたい肥づくりを
→トンネル栽培で冬どり葉菜類を →身近で育てる冬のプランター野莱 →アスパラガスアスパラガスの植え付けと管理
→手軽に作れて重宝するルッコラ →タマネギタマネギの植えつけと上手な施肥 →収穫した後の野菜の茎葉の処理
→ソラマメソラマメの種まき →ネギ根深ネギの土寄せ軟白のポイント →スィートキャロット
→冬の青菜の主役・小松菜   →ハクサイ結球したハクサイの防寒対策

 

お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140
中 大
ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ