トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  エンドウ 

◆ なかなかシビアなエンドウ     
 エンドウは、連作に弱いマメ科の中でも特に連作を嫌い、その影響が出やすい品目です。マメ科の連作障害は、根からいろいろな老廃物や忌地物質が分泌され、土壌中に蓄積することが原因とされています。
 さらに、エンドウは、排水不良のほ場では根が窒息して傷みやすく、生育も悪くなりがちです。そのため、雪解け水の排水が悪いと、株ごと消えてしまうことも珍しくありません。さらには、酸性土壌を嫌うので、前もって石灰などを施用することで酸度調整することも大切です。
◆ 早播きは禁物     
 エンドウは発芽は4℃以上で始まり、発芽後は0℃程度の気温でも害を受けることは少ない作物です。本葉2~3枚頃が最も耐寒性が強く、雪の下でも寒さに耐えます。
 しかし、生育が進むに従って耐寒性は弱くなり生育障害を受けることがあります。また、開花期に低温にあうと、受粉をしても欠粒が出ることもあります。そのため、播種は適期を守り、早播きをするのは禁物です。
◆ 農薬の適用作物名に注意!     
 エンドウで注意をしたいのが農薬の適用作物名です。エンドウの類には大きく2つあります。
 「さやえんどう」は、スナップエンドウや絹莢エンドウのように、さやごと食べれる未成熟なエンドウがこの作物名になります。
 また「実えんどう」は、グリンピースのように、未熟なエンドウの実だけを食べるエンドウがこの作物名になります。
 よく間違えやすいものに、「えんどうまめ」というものがありますが、これはエンドウの中でも熟したエンドウを収穫する場合に使うことができるものになります。
 このようなマメ類は、未熟なものと熟したもので分けられている上に、エンドウはさらに2つに細かく分けられているので、間違えの無いよう注意してください。
 

知っておきたい病害虫
 ハモグリバエ

【症 状】
 ハモグリバエは、野菜に広く寄生する害虫です。小さなハエである成虫は、葉の組織内に卵を産み、ふ化したウジ状の幼虫はその葉の中で成長します。
 その幼虫が葉の内部を蛇行しながらトンネル状に食害するため、緑色の葉にあたかも白い線を描いたように見えます。そのため、「エカキムシ」とも呼ばれます。
 多くの葉が白く見えるほど食害が酷くなると、株の生育が悪くなるとともに、野菜では収量や品質が著しく低下をします。
 幅広い品目で被害を見ることが出来ますが、トマトやナスといった果菜類では小規模であれば直接的な被害はあまりありません。その一方で、コマツナやホウレンソウといった葉菜類では少しでも被害があると品質低下に直結するので、重要害虫の1つでもあります。
【主な対策】
目合い1ミリ以下の防虫ネットで被覆して成虫の飛来を抑える。
シルバーポリなど銀白色のマルチ資材を利用すると成虫の飛来防止効果がある。
葉菜類やマメ類等の被害が想定される品目の栽培では、播種時から粒剤を利用するなどして防除に努める。
  • アルバリン/スタークル粒剤
  • モスピラン粒剤
  • オルトラン粒剤
  • プリロッソ粒剤
 ※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2017年11月号7ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大