トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

  スイカ 

◆ ツルボケ厳禁     
 スイカは、吸肥力が強く、窒素肥料が多いとツルばかりが伸びて、肝心な果実の付きが悪い「ツルボケ」になりやすい作物です。ひどい場合は、雄花ばかり着花し、肝心な雌花が着花しないこともあります。
 そのため、スイカを栽培する場合は、肥料のやりすぎには十分注意をし、場合によっては無肥料でスタートして追肥で対応した方が良い場合もあります。
 また、生育期の草勢の管理は、つる先の状態で判断し、着果まではやや抑え目に、着果後は草勢を維持するためにやや強めにすると良いでしょう。
◆ 着果はツルが十分に伸びてから     
 スイカをはじめとしたウリ科の野菜は、どうしても雌花が着花すると交配をして着果させたくなります。ですが、実際には生育初期はツルを伸ばすことを優先し、着果をさせても大丈夫な大きさのツルになってから、ようやく着果をさせるというのが理想的な栽培になります。
 スイカの場合、ツルを伸ばしていくと約5~6節おきに雌花が着花するので、18~22節のあたりに咲く3番花を着果させるのが理想的と言われています。これよりも低節位に着果させると小玉になったり糖度がのらなかったりするほか、逆に高節位に着果させると大玉になるものの空洞果や裂果が増える原因にもなります。
 もちろん、きちんと節数を数えるのが理想的ですが、ツルをある程度伸ばした状態で着果させるよう心がけましょう。
◆ 収穫適期は日数と巻きひげの枯れで判断     
 スイカの収穫適期を判断するポイントは巻きひげの枯れなどいろいろとありますが、まずは開花交配後の日数を目安にします。品種にもよりますが、大玉スイカで45~50日、小玉スイカで35~40日が登熟日数の目安です。ただ、年によって登熟具合が異なるので、必ず収穫前に試し割を行い、熟度を確かめてから収穫するようにします。
 

知っておきたい病害虫
 コガネムシ類

【症 状】
 コガネムシは「ドウガネブイブイ」や「ヒメコガネ」など数種類いますが、主にコガネ色をした甲虫目の害虫です。
 成虫は葉脈を残して網目状に食害していきます。被害葉だけを見るとヨトウムシ等との被害と混同しやすいですが、コガネムシの成虫は人が近づくと飛んで逃げてしまうことが多く、害虫を発見しにくいのが特徴です。
 またコガネムシといえば、幼虫によるサツマイモへの食害被害も有名です。
 サツマイモへの被害は、土中の幼虫が塊根の表面を食害するため、品質が著しく低下してしまい、酷い場合は出荷販売が出来ないものになってしまいます。
【主な対策】
堆肥は完熟したものを用い、放置せずに土壌に混和する。
ほ場をよく見回り、成虫を見かけたら捕殺する。
一般的な野菜の場合、コガネムシとして登録がある薬剤はあまりない。ただ、同じ甲虫目であるテントウムシダマシやウリハムシ等に登録のある薬剤であれば同時防除が可能である。
サツマイモの場合、被害が想定される場合は定植前の土壌混和と生育期間中の2回散布(6~7月・7~8月)の体系防除を行う。

   【定植前土壌混和】
   ・アドマイヤー1粒剤
   ・ダントツ粒剤 など

   【生育期全面散布】
   ・ダーズバン粒剤

  ※適用内容は品目によって異なりますので、ご確認の上、使用してください。

 ハローいなば2018年4月号7ページより掲載



お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大