トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

 

平成18年5月29日よりポジティブリスト制度が施行されました!

 

≪ポジティブリスト制度とは?≫
 基準が設定されていない農薬等が一定量以上含まれる食品の流通を原則禁止する制度です。従来のネガティブリスト制では残留農薬基準が設定されていない農薬は規制の対象外だったため、残留基準が設定されていない農薬については、いくら残留があっても規制できず、輸入農産物の激増のなかで問題となっていました。
 新しい制度が導入されると、残留基準が設定されていない農薬についても0.01ppmという厳しい基準が定められます。

≪気をつけていただきたいこと≫
 新制度が導入されると、次のような理由から残留基準を超えてしまうことが考えられます(基準を超えた食品は流通が禁止されてしまいます)。

  @農薬散布時の飛散(ドリフト)
  A誤った農薬の使用
  B散布器具等の洗浄ミス
  C前作の残留            など

≪対策として≫
 1.風の弱いときに風向きに注意して散布しましょう。(粒剤やDL剤など、飛散しにくい剤型のものを選びましょう。)
農薬の飛散の最大要因は風です。
風のない日や風の弱い時刻を選んで散布しましょう。
農薬は対象とする作物だけにかかるように。
スピードスプレーヤでは、ノズルの配列を樹型に合わせて調整し、余分な放出を少なくします。
過大な風量は避け、樹体に到達する程度に調節します。

 2.農薬のラベルを確認し、決められた使用方法を守りましょう。
農薬の使用前にはラベルに書かれている適用内容を確認し、散布出来る作物や使用量・濃度、使用時期そして成分ごとに定められている総使用回数を必ず守って使いましょう。
また、散布しようとする作物、周りの圃場の作物の状況を確認し、より多くの作物に使用でき、収穫日近くまで使えるような農薬を選ぶなど、使用する農薬についても見直しましょう。
散布した後は、使用した農薬や作業内容を必ず記録しておきましょう。

 3.タンクやホースなどに農薬が残らないようにしっかりと洗浄して、日頃から管理を徹底しましょう。
前回使用した農薬が散布器具に残っていたりすると、作物に薬害が生じたり、収穫物に農薬が残留してしまったりなど、思わぬ事態が起こります。

 4.地域で連絡を取り合って、周りの圃場で収穫直前の作物がある場合は散布日や収穫日を変更するなどの調整をしましょう。
隣の圃場との間隔を広げたり、隣接する圃場では作付けする作物を替えるなどの工夫をしましょう。

 5.飛散防止ノズルの使用や遮蔽シート・ネットの設置も効果的です。
一般的なノズルは粒子が小さいため、浮遊し飛散しやすくなっています。飛散の少ないノズルに切り替えることも効果的です。
防風などで使用されているネットを圃場間に設置することも飛散防止に有効です。あみ目の方がより効果が高くなります。
近接作物を直接シートで一時的に覆う対策もあります。


 農薬を飛散させない、農薬を取り扱った手で作物をさわらないなど基本的な注意がまず必要ですが、なるべく近接作物にも適用があり、残留農薬基準が高く設定されている農薬を使用すると安心です。
 
 また、ドリフトは散布者自身の健康にも影響します。今まで以上に農薬の取扱いには気をつけましょう。


0.01ppmとは?
ppmは、parts per millionの頭文字をとったもので濃度や割合を示す単位で100万分の1をあらわします。0.01 ppmとは非常に低い濃度で、100tの作物に1gの農薬が含まれていることを示します。さらに、水に例えると、25mプール(長さ25m×幅12m×深さ1mを想定)に“数滴”(2〜3g)の液体を入れたくらいの濃度です。

 

お問い合わせ
JA鳥取いなば 営農部
または、お近くの営農センターへ。

▲安全・安心な農産物作りに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大