トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便



 BSE発生、食品の偽装表示、無登録農薬の使用、農薬の残留毒性など農産物の信頼性が低下するような問題が相次いで発生しました。
 JA鳥取いなばでは、農産物の安全性・信頼性を高めるため生産工程を明らかにし、販売高向上につながるよう、組合員の皆様と生産履歴記帳運動に取り組んでいきます。




(1)適切な生産基準を設定し、
(2)その基準に基づいて適切な生産管理・記帳を行い、
(3)生産基準ごとに農産物を分別管理し、
(4)記帳運度に基づく情報を取引先・消費者に提供する

 という取り組みです。
(生産履歴記帳運動 内部検査マニュアル:全農中央会 2004年5月28日発行より)




協定締結
協定書
生産部組織等は個々の生産者と生産基準に関する協定を締結し、圃場を登録します。

クリックすると協定書が見えます!

栽培日誌の記帳
栽培日誌
生産者は安全で安心な農産物を生産するため、農薬の安全使用基準を厳守し、使用した農薬・肥料・その他資材について記録します。

クリックすると栽培日誌が見えます!

栽培日誌の点検と内部検査
体制図
生産部組織等およびJA担当者による自己点検の実施、さらに内部検査委員会による検査を実施します。

クリックすると体制図が見えます!

残留農薬検査
検査結果
出荷前に作目または品種ごとに残留農薬自主検査を実施し、安全性の確認を行います。

クリックすると検査結果が見えます!
市場または消費者からの情報開示要求に応えられるよう、関係書類を3年間保管します。


お問い合わせ
営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

▲トップページに戻る

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大