トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

Last UpDate 2017.7.20[V202R7]


新着・お知らせ
  西条カッキーのご紹介

今月のいなば

砂見(すなみ)の桃です。

直売・進物が6割出荷されます。
 
 たっぷりの果汁にとろける食感の桃は、初夏の味覚の代表選手!鳥取砂丘、砂丘らっきょう、二十世紀梨で有名な鳥取市の南に位置する神戸(かんど)地区では、「砂見(すなみ)の桃」として古くから桃の栽培が盛んで、60年以上の歴史があります。 (日本では明治時代から本格的に栽培が始まっています。)
 神戸地区は中山間地で緩傾斜の排水の良い土質に恵まれ、有機質肥料を主体とした肥料体系で“味本位の桃づくり”を徹底しています。
 出荷量は40トン(4㎏×10,000ケース)を見込んでおり、鳥取市場4割、直売・進物が6割出荷されます。
栽培されている種類、特徴、出回る時期は下記のとおりです。
 日川白鳳  7月5日頃より 小玉ですが糖度は充分
 夢富士  7月12日頃より 小玉ですが糖度は充分
 勘助白桃  7月19日頃より 大玉で赤く糖度が高い
 浅間白鳳
 嶺鳳
 川中島白鳳
 7月26日頃より 大玉で赤く糖度が高い
 清水白桃
 中津白桃
 8月3日頃より うっすらとピンクがかった白い果実。果汁がたっぷり
 川中島白桃
 まどか
 8月5日頃より やや硬めで日持ちが良い
 おどろき
 なつっこ
 8月10日頃より 大玉で赤く糖度が高い
 黄金桃  8月15日頃より 黄色い果実で肉質は弾力があり糖度が高い
 桃の果実は傷みが早いので、冷蔵庫で保存するのが良いと思いますが、冷やし過ぎると食べた時に甘みが薄く感じられます。購入後はなるべく早く食べるようにし、食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やして食べるのがベストです。
 桃の果実は上から下にかけて線が一本入っています。これを縫合線と言い、左右に約6対4の割合で入っている果実が正常とされます。クエン酸やリンゴ酸を多く含み、疲労回復や食欲増進に効果がある桃を食べて暑い夏を乗り切りましょう!

営農部 営農企画課
TEL 0857-32-1142
FAX 0857-32-1140

ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大